So-net無料ブログ作成
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
前の3件 | -

お腹の脂肪を取るエクササイズ [健康美容]

お腹の脂肪を減らすエクササイズがありますが、これはとても簡単な法方で誰にでもでき、食事の工夫とともに実行すると、とても効果が上がります

そんなお腹の脂肪を減らすエクササイズを実行する時間は、自分がもっとも習慣にしやすい時間が良く、これが適した時間なのです

自分にとって無理なく続けられそうな時間帯、たとえば寝る前や朝起きたときなどを好きに選ぶといいでしょう

お腹の脂肪を減らすエクササイズには、みぞおちを引き締める運動がありますが、これはひざを立てて寝て足を肩幅くらいに開いた状態で、腹筋をするように背中を丸めて上体を少し起こすようにします

お腹の脂肪を減らすエクササイズとして効果を上げるには、上体を持ち上げるときに肩甲骨が床から離れるくらいにするといいでしょう

下腹の脂肪を取る運動も、お腹の脂肪を減らすエクササイズになり、効果的です

仰向けに寝て、頭と曲げた足を少し浮かして、その足をまっすぐにのばすという運動ですが、かかとを床に付けず、きりきりのところで止めるのがポイントです

体が動きそうならば腕で床を押さえるようにし、ゆっくりと息を吐きながら繰り返します

わき腹の脂肪を取るエクササイズもあり、お腹の脂肪を減らすエクササイズと合わせて行うと、さらに効果的です

これは横にした体を肩ひじと足で支え、上体と腰を浮かして静止させることで、わき腹の脂肪を減らすというものです

浮かしたわき腹が反らないようにグッと力を入れてまっすぐにさせるとより効果的にわき腹の脂肪燃焼を促進させます

このようにお腹の脂肪を減らすエクササイズは、自分の家でも簡単にできるものばかりなので、すぐに実行してみるといいでしょう

関節痛とコンドロイチン [健康美容]

コンドロイチンの保水力は強力で、その力で関節組織を保持しながら関節の動きをなめらかにします

骨と骨の連結部分は軟骨によって覆われ、軟骨同士が直接触れ合う部分は関節液に溶けたヒアルロン酸で満たされています

軟骨同士が滑らかに接触できると骨と骨との摩擦は極端に少なくなります

激しい運動をしても関節を痛めることなく使うことができます

けれども年齢を重ねて次第にコンドロイチンが失われていくと、この力も低下し、軟骨の弾力も落ちてその機能がなくなってきます

コンドロイチンが不足し手いると軟骨が磨り減ってしまい、骨がじかにあたって関節痛を起こしてしまいます

骨がむき出しのようになると、骨の表面の骨膜が刺激を受けて、関節痛を起こしてしまうのです

関節は腕や首、それから体重を支える役目の膝などがあり、体の動きを支える大切な部分なのです

体の中でコンドロイチンが充分に合成できなくなると、関節の痛みを起こすようになります

コンドロイチンは不足してしまっても補うことができるので、それにより再び機能を正常に戻すことも可能です

コンドロイチンの痛みを抑える働きは、痛みの元である物質に直接取り付くことです

コンドロイチンは、関節液を補給することで関節細胞に働きかけ、炎症を抑える力も持っています

関節にはグルコサミンのサプリメントを [健康美容]

このごろテレビのCMなどで、グルコサミンという名前を聞くことがあります

薬局などで「グルコサミン配合」と書かれたものが売られているのを目にすることがよくあります

グルコサミンは軟骨を作るもののひとつで、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種の名前です

このグルコサミンはもともと人間の体の中にあるものですが、年齢とともに減少していってしまいます

そしてどうしてもグルコサミンが不足しがちになるのです

それにブレーキをかけるには、外からグルコサミンを摂取するしかありません

食品にそのようなものがあればいいのですが、どれも微量でしかないため、摂るのならサプリメントからになります

グルコサミンを摂取するときは、それだけでなくコンドロイチンも一緒のほうがさらに高い効果を得ることができるといわれています

それが関節のクッションになる働きをするのです

健康食品やサプリメントとして摂るのであれば、コンドロイチンも配合されていて、コンドロイチンが1日1500mg以上摂れるようなものだといいでしょう

歳をとった方には階段の上り下りはきついもので、それは関節の痛みからくるものも多いようです

歳をとっても軽やかに動き回るためには、グルコサミンやコンドロイチンをいつも補給するようにしていると、それが大きな助けになるでしょう

前の3件 | -
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
Copyright © JIN’S日記 All Rights Reserved.